What's New

71

9月の間、1か月アメリカに行っていた夫が、日本へ送っていてくれた古い本たち。

自分の本や、色々なコレクターズ・ガイドの本、そして、こちらのアンティークドール・ブックも、夫が国際便に入れておいてくれたものです。

アメリカから、約2年半前に日本に引っ越してきては居たものの、やはり、18年間向うで暮らした分の自分たちの荷物は、一回では移動不可能。 かなり色々なものを処分しましたが、ずっと大切に箱に入れてあったものを、こうしてまた手に取ると、とても嬉しいっ。

ちょっとのサプライズと一緒に (← 自分のものでサプライズしてまうか) このドールブックを見つけ、やはり、眺めてため息です。お人形さんの美しさはもちろん、そのドレスや小物類がまた素晴らしい。 アンティークドールのお人形や小物類のアイディア満載な洋書3冊に雑誌一冊、1970-80年代のヴィンテージ・ブックたちを今回ご紹介しております。

出来る限り内容が分かるように、画像もたくさん撮りました。
ちょっと光に反射している画像もありますが、どれもくっきりと綺麗な印刷状態です。

宜しかったら、ご覧下さいませ。

オールドペーパー→BOOKS のコーナーでご覧頂けます。(^^)
大分時間が経ってしまいましたが、イギリスからのヴィクトリアンのベビーガウン(ドレス)の残りをUPしました。



一見、上品でシンプルなつくりのガウンがメインですが、良く見てみますと、ホワイトワークの細かな模様や、細く幾重にも入ったタックのラインなどに、ウットリです。100年以上、大切にされて残されて来たドレスたちは、ちょっとのお手入れや修復跡も、なぜかイトオシイ。



前回、残してきた荷物の手配をしに、ロスの家に行ったとき、私は妊娠一か月目だったのですが、さすがに一か月目、全然気が付かなく、かなりのハードスケジュールで動いておりました。


その間、偶然にも綺麗なベビードレスを見つけ日本へ帰国。


一年後、そのドレスを生まれた息子に着用させました。でも、動くわ、動く、ベビーの写真は難しい。笑 ムスコのものは、アメリカで見つけたドレスですが、やはりイギリス製かなと、大切にしまってある、そのドレスのデザインを見て思います。



今まで、お客様から、お子さんやお孫さん用に、、、と、たくさんのドレスが、キャラメルから旅立って行きました。 そして私も、仲良くしてくださっているお客さんが、お子さんにも着せるんでしょ?と言ってくださいまして、目覚めました。笑 


私にも、実際に活用する番が来たんだなあと、不思議な気持ちでもありました。 




さすがに、ムスコにドレスを堂々と着せられるのは、この洗礼式のものくらいでしょう。笑




お気に入りのドレスを見て、細かな飾りや昔の丁寧なつくりにウットリする時間。。。。



最高に、贅沢で幸せな時であります。
1800年代ものを中心とした、トレードカードたち。
昔のショップが、こぞって使用した宣伝用のカードたちです。今で言う、おまけ、みたいなものですね。可愛いカードの裏には、石鹸、靴、コルセットまで色々な広告文字が記されていました。 (無地のものも見付かりますが)表に、小さく発行していたお店の名前が入っていたりもします。

まずは、くるみを割っている小人さんたち。 細かなイラストが大好きです!



魔法使いが空に星を瞬かせているのか?
不思議な光景が素敵なカード。


おなじみ、ヴァンホーテンのココア。
老舗中の老舗ですね! もともとココアなどのカカオ製品は、薬として用いられていた高級品。それを今のように、甘く美味しくしたのが、ヴァンホーテン社。ココア大好きな私としては、有難うございます。の一言です!笑



ちょこんと妖精?のカップルがキャベツに座っています。




こちらは、にんじんに乗っています。下の動物は何でしょうか?






淡い色使いながらも、とても華やかなフランスのカード。シャンペンの広告用カードです。こちら、なかなかのレア品。






そして、ベルエポック時代の可愛い女の子のイラストがたまらない、フランスのデパート、ボン・マルシェのカードたち。こちらは、シリーズものであり、セットで揃ってご紹介しています。 他にもセットものがありますので、是非トレードカードのページにて、ご覧くださいね。



全て100-120年くらい前のカードたちですが、まず、デリケートな紙物が、こうして時を経て、綺麗な状態にあることに感動。 そして、どのカードも今でも大変新鮮で魅力的です。 


絵葉書よりも小さな紙面に繰り広げられる、リトグラフ(石版印刷)の世界。 オールドペーパーのコーナーにて、さらにご覧頂けます。

長く保守的だったヴィクトリア時代から20年足らず、、、

短くカットされたヘアに、足の見えるスカート、

ドレスの裾を翻し、ダンスに興じた当時のお洒落な女性たち。

フラッパーガールたちの登場です。

タバコもすえば、車の運転も自分で出来る。

仕事を持って社会進出すらしてしまう。

アールデコ期、日本で言えば、大正ロマンの頃ですね。

そんな女性たちが描かれた紙物や、
当時のお洒落なジュエリー、シンメトリーなデザインに
心惹かれてしまいます。

ロココの図柄も、アールデコ期ですと、とっても乙女チックで
可愛くなっています。(画像一番下など)

独得の雰囲気を持つ、アールデコ、フラッパーガールの時代。

この頃のデザインは、テキスタイルの模様から、
シルクリボンのロマンティックな飾りなど、
私の大好きなものが多いです。
今回は、写真が普及する前の古い時代の、ミニ肖像画たちのご紹介です。

小さいながらもゴージャスなブロンズ細工のフレームに入った、
当時の貴族などのセレブのポートレートたち。

こちらは、アイボリー版の上から、当時のアーティストの手描きで、
繊細な貴婦人たちが、グウォッシュ*で描かれています。

グウォッシュ*は、高級水彩絵の具で、今でもデザインの世界などでは
使用されています。使いこなすにはコツが要りますが、
カラーの発色が本当に綺麗です。

まだ、写真が普及する前の、素敵な夢のある小さな肖像画たち。

海外でも高級コレクションとして、大変人気が高いものとなっています。

商品カテゴリーのポートレート・ミニチュアのカテゴリーで、詳細を是非ご覧下さい。

宝物にしたい素敵なお品たちです。
ダイカットやクロモを駆使して凸凹加工された、
美しいペーパー模様。



ヴィクトリア時代に、洗礼式や特別な日をお祝いした、
素敵なカードたちです。



細かな極小の紙細工は、まるでハンドメイドのレースのような美しさ。



思わず見入ってしまう儚くも美しいお品です。



ミニフレームに入れて、末永くお楽しみください。



3D/ダイカットのコーナーで、詳細画像をご覧頂けます。
迫力のある凹凸レリーフが素敵な、ヴィクトリア時代のメタル製ボタンを多数UPしました。ギリシャ、ローマの神話からのモチーフ、中世の騎士の鎧やシールドのモチーフ、可愛い母鳥のモチーフ、、、どれも思わず見入ってしまいます。

小さな円形ボタンの中にある、壮大なストーリー。まるで絵画を見ているような素敵なお品たちです。1800年代、後期ヴィクトリアンのお品が中心です。

素材はメタル中心ですが、真鍮あり、ピューターあり、そして木製とメタルのコンビネーションまであります。それぞれがとっても個性的なお品たちです。大きめボタンは、ブローチなどに加工しても素敵です。ボタンのコーナーでご覧いただけます。
当時の持ち主が欧米圏の旅行時に、少しずつ現地で求めた、ちいさなチャームをつなげて行ったブレスレットです。世界に2つと同じものはない、その人だけの旅の軌跡とも言える特別なお品です。パリのエッフェル塔、ピサの斜塔、イギリスはシェークスピアの像、ベルギーのレースメーカー、ベニスのゴンドラ、アメリカはセントルイスのアーチ、、、まるで人生の足跡みたいなコレクションです。ジュエリーAのページで詳細をご覧頂けます。
ただ今、更新作業を遂行中のキャラメルです。

画像撮影が終了しましたので、久しぶりに新商品のプチプレビューを致します。
2/13日~頃、20点+の素敵なお品を更新予定です。

まず、上から3つ、1800年代後半~1900年頃の
フレンチのポーセリン・ジャーです。

なかなかレアな当時のパウダージャーたち。

リースや矢を持った可愛い天使たちが戯れている模様、
また、ブルーグリーンのラインが鮮やかなジャーは、
優雅なカップルが描かれています。

ロマンティックな図柄もフレンチらしいです。

昔のお品ならではの、あつみがあり、どこか温かみを感じる陶器製品。
現行品のように、陶器の技術が成熟し、薄くデリケートな製品に慣れて
しまった今、このあつみのあるジャーは、手にも心にもずっしりと響きます!笑
ドレッサーまわりに、お気に入りのキャビネットの上に、大切な宝物となりそうな
価値あるお品です。



フレンチ・ポーセリン・パウダージャーに続きまして、
こちらもフレンチのパウダーパフ。
ふわふわと、揺れるスワンの羽のパフは、ひたすら優雅なお品です。

こちらも、状態の良いものは、大変めずらしくなっているようです。





ぐっと親しみあるお顔をした可愛いフィギュリンは、
昔々、日本からやって来た可愛いコ。

お里帰りを待っています。




きりりと、とっても上品なお顔をした少年は、
ドイツのオールビスクドール。ペイントの青い目も美しく、
とってもおりこうさんに見えます。大変良いお顔をしていると思います。



そして、イギリスは、ステンレス・スティール製のスプーンセット!
私、ブリティッシュ・シルバーよ。と言わんばかりに、おすましして、
ケースにきちんと収まっています。レトロな色合いのエナメル装飾まで
入っています。お花模様のデザインがとってもヴィンテージ!可愛いです。



ちいさなゴールドのレースピン。

14Kカラットゴールドに、極小のシードパールが綺麗に並んだピン。
こちら、留め金がCキャッチ→セーフティに替えた跡がありますので、
お値段大変お得になっています。(機能製は抜群です。)
上品なシードパール・ジュエリー、天然パールならではの、
魅力溢れるお品です。いくつも集めたくなる可愛さです。

シンプルなバーピンは、10Kカラットゴールドの、ちいさな物。
ヴィクトリアンの時代の女性たちの胸元に飾られたお品です。

この他にも、色々更新予定です。どうぞ、お楽しみに!
9月中、皆様から頂きました、商品のお代より一部を
日本赤十字社を通じまして、再度、東北地方の被災地への
義援金サポートとして、送金させて頂きました。
ご協力、有り難うございました。

PS: 赤十字社は、9/9に、義援金受付の延長を発表致しました。
当初予定しておりました、今月末締め切りではなくなりましたが、
キャラメルは、一旦今月にまとめて送金させて頂きました。

: 以下、日本赤十字社のHP、 http://www.jrc.or.jp/ 
においての、義援金送付時、控えメール内容コピーです。
_______________
[ご寄付内容]
決済ID :JRC4e8147c459243
氏名  : キャラメルデザイン 様
金額  :34,950 円
決済日 :2011-09-27 12:49:54
決済種別:VISA
寄付目的:東日本大震災義援金
受領証 :不要
_______________
Thank you for your support!

キャラメルデザイン
SOLD, THANK YOU!
現在、94歳のご婦人のコレクションから譲り受けた、
美しいヴィクトリアン・ボディース(上着)をご紹介しています。

このお宅から放出されたお洋服の多くは、
ミュージアムにも展示されているとう、すばらしいものばかり。

この高齢のご婦人の、祖母や母親のお洋服で、
お家に伝わったものだそうです。

80歳を過ぎた妹さんが、お姉さんの許可をとって、
ファミリー・トレジャーを次世代へとバトンタッチしました。

このボディースは、その中からの貴重な1枚です。

まさに、時が止まったような、ヴィクトリアンハウスの
屋根裏部屋からのお宝です。華やかなりし当時に
想いを馳せてしまうような逸品です。



お洋服(大人用)のページで詳細ご覧頂けます。

SOLD, THANK YOU!
美しいポアンドガーズのレースカラー(襟)を
ご紹介しています。

上流社会の女性しか、手にすることの出来なかった
優雅で贅沢なレース。

画像は、1800年代のカンザス州知事の愛娘が、
結婚式で着用したウエディングドレスを飾ったレースカラー(襟)です。
お友達のレースコレクターの方より、特別に譲ってもらいました。

ウエディングドレスは、すでに他家へと譲られたそうですが、
このレース襟のみ、ドレスから外されて、大切に保管されていたそうです。

むせかえるような、薔薇の香りが伝わってくるような、
いつまでも見入ってしまう、夢のような繊細な手作業のお品。

大きなフレームに入れて、何代も受け継がれて欲しいと思います。

ミュージアムクオリティの、夢のようなお品です。
アールデコ期(1920~1930年代)の、
素敵なデザインのリングを数点UPしました。

ホワイトゴールドは、この時期に人気だったもので、
当時、大変高額であった、プラチナをイメージした作りのものが多いです。

こちらは、ルビーを中心として、サイドにちいさなダイヤが
入った、可愛いリングです。

ハートの同年代のリングケースも、一緒にお届け致します。

大粒なアメジストが迫力の、大人の雰囲気のうるアールデコリング。
こちらも、台は14Kホワイトゴールドです。

アールデコらしい、細かな細工模様も素敵です。

こちらも、同年代のシェルの形をしたような、リングケースを
お付けいたします。深い青のベルベットも素敵です。

いつまでも、見入ってしまいたくなる、
お洒落なアールデコ時代のリングたちです。

ジュエリーAのページで、それぞれの詳細をご覧いただけます。
他に、ダイヤモンドのアールデコリングもUPしています。
3月にキャラメルにてお買い物をされたお客様全員より、
お代の一部を東北関東大震災被災地義援金として、
日本赤十字社へ届けさせて頂きました。
義援金詳細を下記にお知らせ致します。

: 以下、日本赤十字社のHP、 http://www.jrc.or.jp/ 
においての、義援金送付時、控えメール内容コピーです。
_____________________
[ご寄付内容]
決済ID :JRC4d7fd695b0829
氏名  : キャラメルデザイン 様
金額  :5,000 円
決済日 :2011-03-16 06:14:40
決済種別:VISA
寄付目的:東北関東大震災義援金
受領証 :不要
_____________________
[ご寄付内容]
決済ID :JRC4d923120ba555
氏名  : キャラメルデザイン 様
金額  :41,489 円
決済日 :2011-03-30 04:22:02
決済種別:VISA
寄付目的:東北関東大震災義援金
受領証 :不要
_____________________
これからも、出来る範囲でではありますが、
被災地へのサポート活動を実践して行きたいと思います。
Thank you for your support!! 有り難うございました。
キャラメルデザイン
2011年03月12日
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の
被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。


キャラメルデザインでは、3月中いっぱい、皆様から頂くご注文品からの売上金一部を、東北地方太平洋沖地震被災者の方々、また復興への義援金として、日本赤十字社へ寄付させて頂く予定です。

http://www.jrc.or.jp/

もちろん、キャラメルのお客様は、いつも通りに
ご注文をして頂くのみで、他に何の手続きもいりません。
お客様より頂く商品の代金のうちから、キャラメルが
日本赤十字社へ寄付させて頂きます。


アメリカのメディアでも、積極的に日本の様子を伝えております。
また、大きな団体から個人レベルに至るまで、みんな日本を応援しています。


一日も早く、みなさまが安全な日常へと戻れますよう、
心よりお祈り申し上げます。
ヴィクトリアンのすばらしいアイリッシュクロシェ・ショールが入荷しました。

たっぷりとした幅、前に長くたれる美しいレースパネル。。。

昔のヴィクトリア時代の女性が、フープの入ったたっぷりドレスの上に
はおったデザインになっています。

アンティークフォトはイメージですが、この当時(1800年代中頃~)の
女性のものだったに違いありません。

あまり使用感もなく、大変良い状態で保管されてきた、
ミュージアムクオリティーのお品です。

細かなモチーフにため息です。

レースAのページで詳細をご覧頂けます。
SOLD, THANK YOU! こちらは、蘭のような素敵なモチーフがシックな、大変細かい刺繍目の(マイクロ)プチポアンパースです。オーストリア製、素敵な金具細工に、やわらかいシルクの中敷。。。ロマンティックな刺繍アイテム。丁寧なつくりの素晴しいお品です。おでかけが楽しくなりそうな、プチポアンパース。なかなかめずらしいモチーフのお品です。バッグ&小物のコーナーでご覧頂けます。アンティーク刺繍/バッグのコレクションに是非どうぞ!
憧れのノルマンディ-レース、その中でも、いつかは手にしたいというお客様のお声も多い、大判のベッドスプレッドを数種ご紹介です。









ピンクのシルク地にリボンワークのお飾り付から、手刺繍メダリオンが美しいベッドカバー、そして、レア!!な2枚組セットのノルマンディーレース。どれも、いつまでも見入ってしまうような、美しいお品たちです。









その昔、フランスは、ノルマンディー地方で、ちいさなハギレのレースを無駄にしない節約の工夫が、この”レースのキルト”発祥となったようです。1800年代には、あまりの人気に、その材料となる”レースのハギレ”自体が足りなくなった程とか。









1900年代に入りますと、このように豪華で洗練されたデザインのお品が、裕福層のフランスみやげなどとして大人気だったそうです。








いつまでも見入っていたい、美しいノルマンディーレースのベッドスプレッド。。。








お船で海を渡ってやって来た、遠い昔の素敵なお品たちです。

ALL SOLD, THANK YOU!

SOLD, THANK YOU!
エナメルの手描きペイントが入った、トパーズカラーの香水ボトル。専用のミラー付きスタンドに、ちょこんと並んでいます。下方にあるガラスプレートは、パウダーパフを置いていたのでしょう。優雅で綺麗なプリンセス気分のフレンチアンティークです。アンティークドールとの相性も良さそうです。一緒にディスプレイを楽しまれても素敵ですね。ヴァニティのページで詳細をご覧頂けます。
SOLD, THANK YOU!

ヴィクトリア時代のウェディングドレスです。

細かなアイリッシュクロシェモチーフや、
カットワーク、レーストリムをふんだんに使用した美しいお品です。

既製品ではなく、当時の注文ドレス、もしくは、母親が
娘のために時間をかけて作ったドレスなどに見受けられます。

どの個所を見ても、細かい装飾が入っています。

ドレスの様子から、すらっと背の高い、
スタイルの良い花嫁さんだったようです。

まさに世界に1つのドレスに違いありません。

思わずヴィクトリア時代にタイムトリップしてしまいそうな、
素敵な素敵なお品です。

衣装トランク / ドレス・お洋服 のコーナーで詳しくご覧頂けます。