★ブログ★

503

ヴィクトリア女王とホニトンレース
今回、イギリスのハンドメイドボビンレースである、ホニトンレースを色々UPしています。

極細の糸で仕上げられた、儚いような繊細な美しさのホニトン。

★1840年に、ヴィクトリア女王が、ホニトンレースをあしらったウェディングドレスを用いると、ホニトンレースの人気は跳ね上がったと言われています。(ホニトンレースを用いたのは、イギリスの地方産業の成長を女王が願ったためだと言います)

彼女が語ったウェディングの装いです。

「私は、ホニトンレースのとても深いフリルが付いた白いサテンのガウン(ドレス)を着用したの。レースは古いレースのデザインを模倣したもの。トルコ産ダイヤモンドネックレスとイヤリング、アルバート(彼女の夫となったアルバート公)からの美しいサファイアのブローチを付けて。」

オレンジブラッサムのティアラ、純白のウェディングドレス、、、そしてアルバート公を亡くした晩年は、モーニングファッション(喪に服すための黒いドレスやジュエリー)、、、さまざまなファッションの流行を作りだしたクイーン・ヴィクトリアですが、こちらは、まだ女王若かりし頃のホニトンレースのエピソードです。

そんなおとぎ話みたいな、昔昔のお話をのせた繊細な糸のレース手法、ホニトン。

色々UPしましたので、是非レースカテゴリーにてお写真お楽しみください。

↓ レースA カテゴリー

https://carameldesigns.ocnk.net/product-list/12
アンティーク着物地でつくるかわいい布箱&雑貨
アンティーク着物店ponia-ponの店主でいらっしゃる、大野らふさんと、カルトナージュ講師でいらっしゃる、ハセガワ エミさん共著のご本;


アンティーク着物地でつくるかわいい布箱&雑貨
:和のカルトナージュ入門


に掲載されております、素敵なアンティーク着物地のバッグに、キャラメルデザインの古いセルロイドボタンが使用されております。(黒のころんとしたヌードルタイプのセルロイドボタン♪)


数日前に販売開始されたばかりの、素敵なご本です。


アマゾンでもお求め頂けます。

https://www.amazon.co.jp/dp/430928809X



私も大正時代などの着物柄等大好きで、このように今の時代に素敵に再生されて受け継がれていくのを見ていると、本当にわくわくします。


今回、このご本の中で活用して頂いたボタンも、華やかな場に再び出られて、長生きした甲斐があったと思います。素敵なご縁を有難うござます!





黒のころんとしたヌードルタイプのセルロイドボタン♪



アンティーク着物地も華やか&レトロでとっても素敵♪



どんな素敵なお嬢さんが着ていたのかなと、大正時代あたりに脳内タイムトリップ。














★画像の下のボタンたちは、ご本の中に載っているものではありませんが、私お気に入りの和にも合うレトロボタンを並べてみました。色味とか独特ですよね。

こちらは、キャラメルデザインのボタンページです。お求め頂けます♪

https://carameldesigns.ocnk.net/product-list/46?page=1
アンという名の少女 (Anne with an E)
NETFLIXで夫が、「好きそうなのがあるよ!」と、見つけてくれたので、夏休み中は、チャンスがあれば、続けて見ていた (Anne with an E) 

ご存じ赤毛のアンをベースとしたお話しです。

いやあ、結構はまりました。笑

立て続けに見たのは、英国放送BBCのダウントンアビー以来かな。→これも夫が見つけてきた。笑

アンは、1800年代後半の英国支配下のカナダでのお話ですが、登場人物もさることながら、その可愛らしいファッション、インテリア、やっぱり好きな時代です💛

今、出ているシリーズ全部見ましたが、先が待ち遠しい!

そして、そして、日本でもNHKで、はじまりますよ!


NHK 海外ドラマ
アンという名の少女
【放送予定】
総合 毎週日曜 午後11時00分
2020年9月6日スタート!


今までの映画やドラマより、想像を膨らませて、各キャラクターの人生背景などに、深く切り込んでいます。

また、人種、男女、孤児、LGBTなどの差別問題など、考えさせられる面も多々ありました。

自分の中に、原作や前に見たアンが強く残っている方には、初回を観て、「あれ? アンってここ、こうだったっけ?」 なんて、ちょっとした違和感がるかも、、ですが、これはこれで是非続けて見て頂きたいです。

赤毛のアンと言うより、その時代の一つのドラマとして捉えたほうが、すんなり入ってきそうです。

ベースは同じなので、ちょっと安心して見ていられるところもありますね。笑

ENJOY!

(画像はお借りしました)
夏休み
夏休み、こんなご時世ですので、あまり遠くにも出かけられないし、どんなもんだろう?



と7歳の息子を見ていると、家のまわりで、トカゲやカブト虫を捕まえて来ては、ママ見てー!



…獲物を捕まえて自慢げだった、以前飼っていた猫を思い出しました笑笑 




少年は自然の中で、自分なりの遊びを見つけていました。
若かりし脳内ハワイだった頃の絵
ロサンゼルス在住時代に描いた絵が出てきました。

海からの風も爽やか、太陽の光もまぶしい南カリフォルニア。明るい場所にいると、明るいカラーになりますねえ。

そして、これを描いた頃、ロスではハワイものが流行っていたのですよ。

ええ、アメリカ人もアロハに憧れたりするのです。本土から見たら、ハワイはやはり遠い。

そして、この頃はハイビスカスモチーフの服やらインテリア小物やらが、LAのお洒落なインテリアショップに溢れていました。

私も、可愛いプリント柄のヴィンテージのアロハシャツなど着ました。

日本から来た友達には、「それでサングラス掛けたら、テレビで「アニキー!」って叫んでるチンピラみたい。」と言われ、脳内ハワイ気分だった私は、ハッとアメリカ本土に (我に) 返ったのでした。
婦人警官
スマホのグーグルが、今日の思い出と言って、勝手に過去の写真を出してきます。笑

3年前の今日、と、息子の写真が出てきました。

どこかのお祭りに行った時のものです。

まだあどけなく感じる表情の息子。

本物の白バイに乗せてもらってパチリ。

そして、お借りした制帽は、なぜか婦人警官のもののようでした。。。
エッフェル塔 OR 東京タワー
先日、自分のデスクで仕事をしていたら、

7歳の息子がやって来て、

「ここでお絵かきしていい?」

と聞いてきました。

「いいよ。」

と、私が言うや否や、いきなり絵具の用意!

クーピーとかカラーペンでやるかと思っていたので、一瞬焦る私。

で、何を描くかと思ったら。。。

私のデスクの上にあった、ミニエッフェル塔を書き始めました。

そして、真っ赤に塗りました!!

「見て見て、東京タワーだよ♪」

「。。。上手だねー。」

と褒めておきました。笑

わざわざ絵具の用意までしたのですから。

その努力に乾杯!
サンクゼールの丘
先日、隣町のワイナリー&レストランに行きました。





ちょっと曇っていたけど、涼しくて気持ち良かったです。






葡萄畑や林檎の木々、ハーブの風に揺れる様子に癒されました👍






こういうお庭持てたら素敵だなあ。
まあ、林檎や葡萄の畑は無理としても。

ミニミニバージョンで、いつか、どうにか出来ないかしら?笑




景色も素敵で、お料理もどれも美味しかったです。




レストランのスタッフも、とってもフレンドリーで気持ちの良い対応をしてくださいました。




ご馳走様でした。また伺いたいです。
【Maison de Juillet】のご紹介♪
この度、キャラメルデザインのカテゴリー内に、キャラメルデザイン、サワのオリジナルアートのページ、Maison de Juillet ~メゾン・ド・ジュイエ~のコーナーを設けました。


https://carameldesigns.ocnk.net/product-list/124

Maison de Juillet は、フランス語で ~7月の家~。
今いる、お山のおうちの周りに6月から7月にかけて咲くラベンダーをたくさん植えて、自分にとって心落ち着く環境でいろいろなデザインやイラストなどのアートを創作していけたらと、この名前に決めました。

自分のキャリアであるグラフィックデザイナー、→ そしてアンティークディーラー。これらに自分の海外生活やカントリーリヴィングの経験を融合させ、自分らしいアートを生み出せたらと思っています。

少しづつですが、こちらで展示・販売致します。
ご興味のある方は、是非よろしくお願い致します。

もちろん、アンティークの販売も続けて行きますので、どうぞ合わせてお楽しみください。


https://carameldesigns.ocnk.net/product-list/124

2020年 7月15日
Sawa

★CaramelDesigns
antique / vintage

★Maison de Juillet
painting / mixed media art / original goods
ラベンダー
お庭の片隅のラベンダー。






普段あまり気にしていないのですが、ふと見たら、今年はちょっとした量のお花が頑張って咲いていました✨





急に愛おしく感じて、今度からもっと大切にお手入れしようと思いました。






お花も人間も一緒ですね~。






ただそこにいてくれるだけで、価値がある。





なのに、欲張ってしまう自分もいる。

(⌒▽⌒)…
真珠の耳飾りの少女・フェルメール
たまたま見かけたので、アマゾンprimeで映画鑑賞。



真珠の耳飾りの少女



スカーレットヨハンソンが初々しい😃 



言葉少ないやりとりのフェルメールと少女。



映画はこの作品が描かれる工程を綴って行きますが、モデルであった少女の気持ちが小さな動作から伝って来て、妙に切ない余韻が残りました。









ちなみにフェルメールの義母(奥さんのお母さんですね)が、最初に登場するシーンは、その少女だけでなく、私もびっくりしましたっ!
(一番下の画像)













ジャーンッ!!笑





#フェルメール
#真珠の耳飾りの少女
#giri with a pearl earing
Buckwheat Flowers
今朝、庭先のアジサイが蕾をたくさんつけているのを見つけました。

うちは山なので、割と遅く咲いているみたいですね。

白い花が咲くのだろうな、とうちのアジサイで思い出したのが蕎麦の花。

***

子供が学校からスクールバスで帰ってくるはずが、何を勘違いしたのか、

「今日はお母さんが迎えに来るから♪」

と、自信満々に先生に告げていると電話が来た昨日の放課後。

何をどう勘違いしたのかは分かりませんが、迎えに行きました。(;^ω^)息子が乗って帰ってくるはずだったバスとすれ違いながら。笑

学校はさらに山の上のほうに行くのですが、坂をのぼり眼下に広がる蕎麦畑。

蕎麦の真っ白い花が一面に広がっていました。蕎麦の花なんて去年までどういうものか気にも留めていなかったし、知りませんでした。

なかなか可憐で美しいです。

この景色を見ただけでも、迎えにいって良かったかな?と思いました。
夏ですね♪
こんにちは。

6月に入って急に暑くなりましたが、みなさまお元気にお過ごしでしょうか?

キャラメル一家も、アメリカン夫は最近はアメリカのアウトドア雑誌にコラムや写真を出していて、日本のカントリー模様をお伝えしています。私は絵を描いたり、キャラメルのお仕事のやり取りや、あとは夏に向けてお家のリフォームも再起動開始!です。←寒いと作業進まず。。。笑

真っ青な空に緑の風景の中、家の周りには、トマト、ナス、かぼちゃ、メロン、セロリ、バジル、と、いつかどこかで見た光景の庭になりつつあります。(カンザスでやってたベジタブルガーデン再来!)

もう時期は過ぎてしまいましたが、山菜は勝手に生えてきます。タラの芽は大木化しています。ムスコが去年の学校の遠足で体験して来た、しいたけ菌入りの木も、裏庭の木陰にひっそりと配置してあります。

ここ数か月、そんなことばかりやって過ごして来ましたが、田畑を駆け回り、田んぼの中のおたまじゃくしを追いかけ、庭では泥遊び、トカゲをつかまえては、ほらーっと見せに来るΣ( ̄ロ ̄lll)息子。世の中は大変だけれども、すぐに成長してしまう子供と一緒に、こんなにゆっくり過ごせる日々もそうないのでは?と思いました。

そうしたら、今ある幸せを噛みしめないとなーなどと思っていました。

でも、泥だらけの靴とか服を見て、目の前の雑用にΣ( ̄ロ ̄lll)ガーンが本音でもあります。笑

そんなこんなの日々を過ごしております。

皆様も健康にお気をつけて、この初夏の季節、楽しくお過ごしください。
American Countryside
懐かしい写真が出て来たのでUP🐓 

アメリカ大陸の真ん中あたりを車で走っている時に、通りすがりに撮りました。

古く大きな納屋が、広大な農地に点在しています。

こういう建物の中に、アンティークが眠っていることもあります✨ 

カントリーアイテムだけでなく、昔のヨーロッパ製のビスクドールとか出て来たり。

お金持ちだった大きな農場の子供たちがお人形を納屋の二階などに持ち込んで、秘密基地のようにひっそりと遊んでいたのでしょうか。
GW~お客様からのお便り♪~ 
お客様からのお便りが届きました。心のこもったお便りを拝見して、私がすっかり癒されました♡ お客様の許可を得まして下記にお便りをご紹介させて頂きます。

ここから * * *

キャラメルデザイン様

コロナで大変な毎日ですが、キャラメル様ご家族もお散歩等の気分転換を上手くされているようで安心しました。一日でも早く安心して暮らせる日が訪れることを願っています。

自分もキャラメル様のクロモス達に癒されたいと思います!先日の蚤の市ポストカードセットも、めちゃめちゃ良かったです!

   * * *

本日早くもお品物が到着しました。
少年のボタンは想像通りレトロ感があって凄く気に入りました。次回お買い物する時はアヒルとうさぎも揃えたいです。

鳥、お花、動物、ファームのクロモス最高に満足でした!やはりアンティークのクロモスは深みがありますね。現代のクロモスには無いものです。

長年、人の手によって愛されてきた紙の愛情の跡を感じます。遙か遠い昔誰かの手によってはさみかカッターか何か分かりませんが、切り取った形を見るとそれだけで胸が熱くなります。

私なんかよりもキャラメル様のほうが、こんな気持ちをたくさんお知りだと思います! それに私が古い紙に魅了されたきっかけをくれたのもキャラメル様です。ショップのサイトに出会い、様々なアンティークのお品、中でも古い紙にはどっぷりはまりました。きっと古い紙そのものも、そこに描かれたイラストもどちらも主役なのだと思います。

カードやクロモスの風景画、花、鳥等に癒され、こんな出口の見えない毎日からも自分は古い紙もの達に日々助けられています。

アンティークの持つパワーや優しさを、多くの人に知ってもらえたら嬉しいですね!

ここまで * * *

>アンティークの持つパワーや優しさを、多くの人に知ってもらえたら嬉しいですね!

↑ 本当にその通りだと思います。

今までもこれからも、素敵な出会いをもたらしてくれるアンティーク、昔の人の想いのカケラが残っているのか、暖かく優しい気持ちにさせてくれる古いものたち。やっぱり古いもの大好きだなあと、自分でも改めて噛みしめました。笑

この期間も、ホームページのお品たちは、信州のキャラメルが心を込めてお送りしています♪ 是非、素敵なアンティークで癒されてください。みなさまもお身体大切に、健康にお過ごしくださいませ。

コメントを寄せてくださった、奈良県のK様に改めてお礼申し上げます。いつも有難うございます!
キャラメルデザイン
スクラップペーパーに見る人生の縮図!?
こんにちは♪


今回、スクラップペーパーを更新しますと、お知らせのメルマガを書いていたら、長くなりすぎたので、アメブロのほうにブログ出しました。(;^ω^)


宜しかったらご覧ください。☟

https://ameblo.jp/carameldesigns/entry-12593007371.html


また、ホームページに戻って来てね♡


1800年代の紙物、色々UPしました。

まとめてお得なセットです。

古紙好きの方、アーティストのかた、作家さん、どうぞ素敵な作品作りにご活用くださいませ♪

オールドペーパー、クロモスページにUPしています♪

https://carameldesigns.ocnk.net/product-list/76

(^^)
いろいろなマザーズデー
5月10日は、母の日ですね♪

色々なカタチの母の日があるのだなあ、と近年(年を重ねてきたせいか(;^ω^))思うようになりました。

★ デパートの催事で、キャラメルのブースでアンティーク・ハイエンボタンをゆっくり眺めて、迷いに迷ってついに大人買いされた、それはそれは美しいマダムがいらっしゃいました。

お買い求め頂いてお帰りの際、そのマダムは、

「やだわあ、自分に母の日用のプレゼント買っちゃった💛」と一言。

。。。妙にツボでありました。 笑


★ 80歳を過ぎてほとんど外出しなくなってしまった、昔はとってもお洒落だったお母さまに、シャネルの香水をゲットした娘さんを私は知っています。

後日、家の中でもシャネルをふんだんに体に吹きかけ、プンプン香りを放ちながら、急に元気を取り戻したお母さまのお話を伺いました。((´∀`*))


★ 私の母はとにかく植物が大好きで、植木屋さんに連れて行ったり、藤の蔓を持って行ってあげたりすると大喜び!蔓は晩年、独学でバスケットを作ったりしていました。

編み物や刺繍の先生をしていたことがあるので、素敵な毛糸をバスケットいっぱいに山盛りにしてあるのが、彼女の好きな光景だったようです。


★ 今となっては、アメリカにいるお姑さんが私のたった一人の母となりましたが、こちらは、あまりにパワフルすぎて、自分はどんどん人にプレゼントするのですが、反対に人からのプレゼントをもらいたがらない人なのです。

今のところ、彼女にはうちの息子(彼女にとっては孫)の写真をふんだんに使ったカードやミニアルバム、はたまたキーホルダーなど、ムスコアイテムが一番受けが良いです。

こてこてムスコアイテム、、、さあ、今年は何にしようかな?笑


★ インパクト強いマザーズたちのご紹介の後で何ですが、画像のお品は、母の日ギフトに、キャラメルが可愛いな💛と個人的にお勧めなものたちです。

古城の遺跡の上の空を飛ぶ鳥のトランスファーウエアのお皿は、フランスの1800年代のもの。

ガーネットの渋みある赤が素敵な、リングとブローチ、そして天然シードパールにゴールドの馬蹄形デザインのブローチ。馬蹄形は幸運のお守りでもあります。

どうぞ、皆様工夫なさって、素敵なマザーズデーをお過ごしください。

★ アメリカにいた頃、女性であれば子供がいてもいなくても、母が存命でも天国にいても、みんな自分のためにマザーズデーをお祝いすべきよ!と言った人がおります。

びっくりしましたが、”マザー=母性を持つ女性”として生まれたことにお祝い。すごい名言かも!?
アドービ建築
コンピューターのファイル整理をしていたら、懐かしい写真が出てきました。元々は1700年代頃のアドービ建築のミッション〈教会〉で、青い空に白の壁が映えます。

アンティークの仕入れで延々とドライブ中に通りかかった場所。

確かカリフォルニア州のどこかの田舎町にある建物だったなぁ…と調べてみたら… なんとこの教会は、なんちゃってアンティーク風の新築に変わっていました!
😰💦あぁ…。 

アメリカ西海岸にはエルカミーノリアルと言う、1700年代を中心にスペインの宣教師達が、カトリック布教のため、このような教会を建てて行ったルートが今でも残っています。エルカミーノリアルというのは、王様の道と言う意味です。

ここは違うから立て直されちゃったのかなぁ…。
時は流れていくのね。。。

今度カリフォルニアに帰還したら(いつかは謎ですが)、日本本州と同じくらいの大きさのカリフォルニア州、南北ミッション巡りしようかな。

新しい夢が一つ生まれました♪
into the forest...
今日の午後は、お友達所有の森で過ごしました。


しん…としていて、昔観た何かの映画の中へ入ってしまったよう…。


静寂を破るのは、時たま聞こえる息子の声とキジの鳴き声のみ。





ヤドリギがいっぱい。


欲しいけど、大木の上のほうなので見るだけです。


フキノトウが出ていました。


森への道には、梅と水仙が満開でした。


ゆっくりやって来た、お山の春。