★ブログ★

556

想像と違う
只今、トイレリフォームの最後の仕上げに入りました。

普通に機能していますが、1面の壁だけアクセントウォールにしようとしたまま、長い間放置。素の木材の壁がむき出しで残ったままでした。

ずうっと前に【いつか使うかもしれない】カテゴリー入りしていた壁紙を引っ張り出して、貼ってみました。

そこだけ見ていると、そこそこ良いかと思うのですが、全体像とした場合にかなりのミスマッチ。

様子を見ながら微調整を重ねて、自分の理想?に近づけて行こうと思います。

ミラーは古い民芸品。これも何か微妙。アナ・スイみたいになっちゃった?
I've got itchy feet!
I've got itchy feet!

(足がかゆい)、、、のではなく、旅に出たくてうずうずしている。という英語の意味ですが、今、私がまさにその状態。


コロナで自粛期間もあったり、本当、マスクだけでなく、気持ち的にも息苦しかったですね。。。。(;^ω^)


そんな中、先日、スイスのお友達が誕生日を迎えて、久しぶりに連絡し合ったのですが、そろそろ彼女に逢いに行きたいなあと思いました。

まだコロナの心配もありますし、行かない理由っていくらでも考えられる。

だけど、とりあえず、色々リサーチだけでもはじめました。


いつ行けるかは、まだ分からない。


でも、用意していたら、、、


いざって時に、即決で飛び立てる、、、と思います。笑


←画像は、Paris(フランス)からBasel(スイス)までの電車停車駅。
美術館デート♪
ひさしぶりに会えたお友達と美術館デートしました♪



まさに数年振りです。



会えて良かった!!



スコットランド国立美術館のコレクションが、たくさん東京にやって来ています。



東京都美術館で7/3まで開催しています。



日時予約制です♪ お近くの方は是非💛



公式サイト↓
https://greats2022.jp/
Wisteria
北信州は今、藤の花が盛りです。


こちらは、街中の古い蔵造りの建物x藤棚がステキでした。


お天気も良くて、本当にさわやかな1日でした。






夫は日系ハーフのアメリカ人なのですが、夫の日本サイドの直系のご先祖に、藤助(とうすけ)と言う人がいたのを最近知りました。



藤助の息子が1900年に船でサンフランシスコへ渡り、そのアメリカでの4代目が夫になります。



藤の花を見ていたら、そんな逢った事もないご先祖様の藤助さんを想いました。


きっとこの季節に生まれた人だったのだろうなあ。
アンティークの歯医者さん
ここだけ日本じゃないみたい。



アメリカの田舎に、こういう建物が良くありました。



でもこちらの入りロは和を感じます。



お友達と歩いていて、偶然見つけました。



都会のビルの間で頑張っている。



いいなあ💛
HappyMother'sDay
「自分を贈る」

母の日に 花を贈るのを忘れてもいい

母の日には あなた自身を贈ればいい

あなたが誕生した日

母はあなたに世界を贈ってくれた

この世界のどこかでずっと

母はあなたとともに生きている

たとえいま母と不和でも 

卑下することはない

あなたはあなたを生きている


母の日には花も言葉もなくていい

これまでもこれからも 

あなた自身がかけがえのない贈り物なのだから

谷川俊太郎

★ ★ ★

小学生の息子からの母の日のプレゼント。 

今年は、肩たたきとかでごまかされて、母の日も終わろうとしています...💧

ああ、そうだよね、君は私に

"自分を贈ってくれた"

んだもんね笑笑😭


背中に感じる息子の小さな手。

期間限定。何だかじーん。
特別な空気感
子供の頃、いつまでも眺めていたかった漆喰の白く高い天井。





雑踏の中、ここだけは、しん、と特別な空気を感じられた。





周りはかなり変わってしまったけれど、天井はまだ何とか残っている。





私を古い洋館好きにし、良く分からないながらも、ぼんやりとした海外へのあこがれの芽が出た最初のキッカケの1つは、この場所だった気がします🌝





後付けで、丸いライトとか付けられてるのに気が付きました。





でも、まだ健在で活用されているのは、嬉しい♪




JR Ueno Station
ビフォー・アフター 
信州の古い農家リフォーム、ビフォー・アフターの一部です。

まだまだ続いておりますが、のんびりマイペースでやっていこうと思います。

右下の画像が一番すごいのですが、5年前くらいかな?

土壁を一気にぶち抜いた後です。。。
(;^ω^)

だんだんと形になって来たので、今年中には一階を終わらせたいと思います。

言ってしまったので、頑張ります。笑
木蓮の花
七歳の冬のはじめに、初めて長野に住みました。


その頃は、毎日明け方に雪が降り、朝はよく晴れていたのを覚えています。


春になり、晴れた暖かい日に一人、プリンセスっぽいキャラクターの絵があるピンクの自転車🚴に乗って、まだ通ったことのなかった道へと小さな冒険に出た私。


その道すがら、生まれて初めて見た濃い色をした大きな花にドキッ!としました。


それが木蓮だったと知ったのは、かなり後になってから。


花を見てビックリしたあの気持ちは、後にも先にもあの1回だけ。


そしてなぜか二度と見つけられなかった場所。


その時は、2年間しか長野に居なかったけど、今でも時々思い出す不思議な記憶です。
★★★蚤の市のお知らせ★★★
★★蚤の市のお知らせ★★


こちらは、ローカルな話題で恐縮ですが、ちいさなイベント販売を予定しています。


昨年の12月に、こちらでの初めての蚤の市を開催しました。ドキドキしながら準備していましたが、たくさんの方々にいらして頂いて、本当に楽しい一日でした♪


信州戸隠の古民家改築カフェで、まったりしながら西洋アンティーク雑貨、戸隠の古民具などをご覧頂けます。蚤の市ならではのお品たち、どうぞお楽しみください♪


戸隠神社宝光社まで、車で10分程の美しい高原のロケーションにある、カフェ・せいざんさんで開催です。


参拝がてら、寄って頂けましたら幸いです。
キャラメルも終日おります。

皆様に、お会いできるのを楽しみにしております。


★カフェせいざんさんは、通常は予約要ですが、蚤の市の日は予約なしOKです。
★マイバッグご持参ください♪
Happy 9th Birthday!
先日、息子が9歳の誕生日を迎えました。

誕生日は、福井県立恐竜博物館で過ごしたいと言う彼のリクエストを叶え、福井県で過ごしました。プラネタリウムも行きました。

色々な星座の話など聞きながら、私自身が、子供の頃に感じていた色々な気持ちを思い出していました。

わくわくや漠然とした不安。
楽しい中にも、そこはかとなく寂しい気持ち。

息子の心の中にも、すでに、そういったデリケートな世界があるらしい。

様々な夢や期待を胸に、君も成長して行くんだね♪

Happy Birthday. You are bundle of our joy and happiness!!
マリーアントワネットの衣裳部屋
~マリーアントワネットの衣裳部屋~

マリー・アントワネット、そして彼女の生きた時代をファッションを通じて綴られた、ファッション文化史。

素敵なご縁を頂きまして、ほんの一部ではございますが、当店が当時の服飾小物を資料協力をさせて頂きました。

著者の内村先生は、他にもたくさんの素敵な西洋ファッションに関するご本を執筆されていらっしゃいます。

キャラメルデザインのお客様でしたら、絶対大好きな素敵なご本たち!

熱く語りたいところではありますが、素敵なご本を実際に手に取って読んで頂きたいので、私はこのあたりで黙ります。笑

アマゾンでお求め頂けます♪

https://www.amazon.co.jp/dp/4582620698?ascsubtag=p_BTr0ajGbIMN911d1eWKRI4&linkCode=ogi&psc=1&tag=amebablog_st1-22&th=1

楽天にも♪

https://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/10190545/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0&rafct=i_1&rafmid=0001

ご本の中のたくさんの素敵なイメージは、コロナ時代にくすぶっている海外への想いや、少女時代の乙女心を思い出させてくれますよ。

私の宝物の一冊です♪
クリームソーダ
深い海の中…じゃなくて昭和が懐かしい昔ながらの喫茶店にてオーダーしたクリームソーダ。



ここのレモンスカッシュがバリバリ本物のレモン入ってる~✨と言うお味でとっても美味しいので、クリームソーダを注文する勇気が出ました。←シロップによっては甘すぎて何じゃこりゃあぁぁなこともあったクリームソーダ。大人になり縁も遠くなりましたが、息子は大喜び👦 



私の中にある、両親+喫茶店+クリームソーダ…の子供時代のメモリ一。



息子も一緒にクリームソーダ飲んだ日を覚えていてくれるのかな👪
 Joyeuses Fêtes
2021年も、キャラメルデザインにお越し頂きまして、有難うございました。


2022年も、どうぞよろしくお願い致します。


HappyHolidays!
Merry Christmas!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

ちらほらと雪が舞ったクリスマスでしたが、積るまでには行きませんでした。

写真は、サンタクロースを信じているようないないような、微妙な時期の息子ですが、プレゼントの回収はものすごい速さでありました。笑

ケーキは、今年もデメルのチョコレートケーキにしました。

毎年思うのですが、これだけ見た目からもお分かりいただけるように、まさに、こってりしているチョコレートケーキなのに、胸やけしない不思議。(画像、お借りました)材料が良いのだろうなあ。。。

などと思いつつ、久しぶりにワインを飲んで昼寝をしたキャラメルでした。


メリークリスマス

Joyeux Noël
クリスマスイヴ
クリスマスイヴですね。



大切な人たちからのお便りや、不義理をしているのに、私のことを毎年気にかけて、クリスマスプレゼントまで送ってくれる友人たち。



本当にありがとう!



メリークリスマス!
デュバリー夫人の居室
愛らしい天使が舞う居室。


フランスのベルサイユ宮殿では、ルイ15世の愛妾だったマダム・デュバリーの当時の居室の修復作業に取り掛かっていて、それが2022年6月に終了するとのことです。


子供の頃、アニメの【ベルサイユのばら】が大好きだった私としては、アントワネットと直接対決したマダム・デュバリーとは、かなりインパクトがあった登場人物でした。


が、実際のベルサイユ宮殿では、彼女の居室が今まで朽ちるままとなっていたのに、びっくりしました。


巨大なシャトーの管理は、やはり大変なのですね。


がらん、、、と、何もなかった彼女の部屋。


実際の公開に向けて、当時を忍ばせる家具やカーテンなど、インテリアもそれらしくなるのかどうか、楽しみです。


★宮殿内のデュバリー夫人居室画像はお借りしました。下の貴婦人画は、デュバリー夫人を表した1800年代の銅版画です。(SOLD)
❄冬の蚤の市❄無事終了致しました❄
明け方にちらっと降った雪が心配でしたが、道路も積雪もなく通常の状態で、無事【冬の蚤の市】開催する事が出来ました。



海外在住時は、オンラインショップの他、アンティークモール内にショップブースを持っていたり、たまには、大きな蚤の市に出店したこともありました。



が! 日本では、デパート出店したことしかなく、至れり尽くせりだったこの数年の催事イベント。今回、戸隠のカフェせいざんさんと初のコラボ♪ 数日前は雪が降ったり、こんな寒い中、信州戸隠にお客様が来てくれるのか?と、心配半端なかったのですが、、、(-_-;)ドキドキ。。。



当日、早い時間からカフェのお客様方や、以前デパート出店でご贔屓にして下さったお客様方が、次々にご来店下さり、嬉しい賑わいとなりました😃



皆様ご多忙の中、時間調整して遠い所までいらっしゃって下さり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!



午後は、ゆったりとコーヒー&プチスイーツをエンジョイしながら、地元の知り合いや友人たちとおしゃべりしたり、お買い物してもらったり、楽しい1日となりました。



カフェせいざんさん、1日中お手伝いをしてくれたお友達、ご来店下さった皆様、本当にありがとうございました!



最後の画像は、カフェの窓から見た戸隠山です。
冬の蚤の市♪
ローカルな話題で恐縮ですが、ちいさなイベント販売を予定しています。


信州戸隠の古民家改築カフェで、まったりしながら、アンティーク雑貨、戸隠の古民具などをご覧頂けます。蚤の市ならではのお品たち、どうぞお楽しみください♪


戸隠神社宝光社まで、車で10分程の美しい高原のロケーションにある、カフェ・せいざんさんで開催です。


参拝がてら、寄って頂けましたら幸いです。


キャラメルも終日おります。

どうぞお声をかけてくださいね!!


皆様に、お会いできるのを楽しみにしております。
おひさしぶりです
みなさん、お元気ですか?


今、ラベンダーを袋詰めしています。お部屋の中がさわやかな香りになっています。ラベンダーの葉などは、私には、ミントに似たような清涼感を感じる香りがします。


生ラベンダーが大好きで、収穫時は幸せを感じます。


この時期になって、からっからに自然乾燥させたラベンダー。


こちらはこちらで、違う楽しみがありますね。


ポロポロと枝から落ちて来る。


それを集めて袋や小瓶に詰めて。


今月は、キャラメルのお客様に、プレゼントにもしています。

もう、いくつかお品と一緒に旅立ちましたよ~。


https://carameldesigns.ocnk.net/news#whatnew_data430


来年はもっと収穫出来そうなので、それを使って何か出来ればいいなあと思っています。


生花もドライフラワーも、植物はアンティークと相性が良いのです。


自分のお気に入りコーナーに、ちょっとしたアンティークとお気に入りのお花♪


ほっとします。


みなさんも、アンティークと植物の素敵なディスプレイをお楽しみください。